ブライアンアダムス、隣人のアルバムのダウンロードを目覚めさせる

ブライアン・アダムスのプロフィール・メンバー情報、ディスコグラフィーや出演作品。79年「Let me take you dancing 」でデビュー。84年4thアルバム「Reckless 」で初の全米1位獲得。94年テノール歌手のルチアーノ・パヴァロッティとの共演が話題に。

2016/04/12

ブライアン・アダムス ヘブンなど往年のナンバーをイイ音で聴きなおす スポンサーリンク 中学時代に良く聴いたブライアン・アダムスのリマスターベストを注文してみた。 Anthology 2007年に発売されたリマスターベスト2枚組 輸入盤

2017/11/02 アルバム発表は2014年のカヴァー集『Tracks of My Years』以来、オリジナル・スタジオ・アルバムとしては2008年の『11』以来、7年ぶり。 ブライアンの長年のコラボレーターであるジム・ヴァランスと共作した9曲の新曲と4曲のアコースティック・ヴァージョンを収録した全13曲入り。 2015/08/25 1980年代から20年以上にわたってシーンのど真ん中で活躍し続けてきたブライアン・アダムスの約6年ぶり11作目のスタジオ・アルバム。 ほぼ全曲が、過去2年間のヨーロッパ・ツアー中に書かれ、身の回りの出来事や感じたことなどストーリー性の高い楽曲が 1980年代から20年以上にわたってシーンのど真ん中で活躍し続けてきたブライアン・アダムスの約6年ぶり11作目のスタジオ・アルバム。 ほぼ全曲が、過去2年間のヨーロッパ・ツアー中に書かれ、身の回りの出来事や感じたことなどストーリー性の高い楽曲が 1998年、2枚目のベストアルバム『ザ・シングルズ '86-'98』を発表。これに合わせシングル「Only When I Lose Myself」も発表している。また最初のベストアルバム『ザ・シングルス '81-'85』も曲を追加して再発され、過去の曲を積極的に選曲したツアーも行われた。 ひまねこのけいじばんの「縁側」みんなが作る掲示板。価格.comユーザーがオリジナルに設立した掲示板で気軽に意見交換や交流ができる新しいスタイルのコミュニティです!

2019/08/06 まさにプロ ブライアン・アダムスは本物の歌手だった! 世界の第一線で活躍しているブライアン・アダムスにはとても失礼な言葉ですが、嫌み無く心の底から本当に思いました 外国の人の歳の話しをするのは大変失礼ですが、1959年生まれなので57才 ブライアン・アダムス / Bryan Adams 1980年デビュー カナダ ロック系 カナダと言えば やっぱ彼でしょう~ 白いTシャツとジーンズがトレードマークでした。知らない歌でも ギターとドラムと声で分かっちゃいますね~^^ 3rdアルバム 2019/01/18 2011/03/04 カナダ出身のブライアンはこのアルバムのマンモス・ヒットで一躍ロック・シーンに躍り出た。 '80年代の半ばにブルース・スプリングスティーン、ヒューイ・ルイス、ブライアン・アダムスの三人が三大アメリカン・ロッカー(ブライアンはカナダ出身だがサウンドとして)と称された。

2019/01/18 2011/03/04 カナダ出身のブライアンはこのアルバムのマンモス・ヒットで一躍ロック・シーンに躍り出た。 '80年代の半ばにブルース・スプリングスティーン、ヒューイ・ルイス、ブライアン・アダムスの三人が三大アメリカン・ロッカー(ブライアンはカナダ出身だがサウンドとして)と称された。 2017/11/03 ブライアン・アダムス – Wikipediaより引用: スコットは、1970年代後半にアダムスのバンドに参加してからは、ブライアン・フェリーやティナ・ターナーなどのサポートをした以外は、ほぼアダムスとの活動一本に絞っている。不動のバンド・メンバー

1959年11月5日生まれ、カナダ・オンタリオ州キングストン出身のシンガー・ソングライター。10代から音楽活動を始め、19歳でソングライターとして契約。直後に歌手としても契約を結ぶ。80年に『ギヴ・ミー・ユア・ラヴ』でアルバム・デビュー。

ブライアン・アダムス / Bryan Adams 1980年デビュー カナダ ロック系 カナダと言えば やっぱ彼でしょう~ 白いTシャツとジーンズがトレードマークでした。知らない歌でも ギターとドラムと声で分かっちゃいますね~^^ 3rdアルバム 2019/01/18 2011/03/04 カナダ出身のブライアンはこのアルバムのマンモス・ヒットで一躍ロック・シーンに躍り出た。 '80年代の半ばにブルース・スプリングスティーン、ヒューイ・ルイス、ブライアン・アダムスの三人が三大アメリカン・ロッカー(ブライアンはカナダ出身だがサウンドとして)と称された。 2017/11/03 ブライアン・アダムス – Wikipediaより引用: スコットは、1970年代後半にアダムスのバンドに参加してからは、ブライアン・フェリーやティナ・ターナーなどのサポートをした以外は、ほぼアダムスとの活動一本に絞っている。不動のバンド・メンバー オリジナルとしては『デイ・ライク・トゥデイ』から実に6年ぶりとなるアルバム。彼の最大の魅力である爽快でドライヴ感あふれるロックンロールが詰まっている。ブライアン節全開のバラードも収録。(CDジャーナル)


2019/01/18

2006/05/24

2019/08/06